iPhone7s /Plus アイフォン7s スペック 発売日 予約 在庫 ドコモ au ソフトバンク

まだまだiPhone7の話題で世間はもちきりですが、iPhone7sの話題に移ろうと思います。

iPhone7sというのは、今まで通りの発売の運びとなると2017年9月に発表されると思われます。

iPhone7sを購入したいと思っている人もかなり多いでしょう。それではiPhone7sの購入に関してここ最近はオンラインショップが非常にオススメです。

オススメしたいので、ぜひこちらも確認いただければと思います。

iPhone7sの予約及び購入

こちらが各社のオンラインショップです。

docomo-300x68

au-300x67

sb-300x67

ここ最近かなりの人がオンラインショップを利用することがあります。オンラインショップで購入するというのは非常に便利だからです。

各社ほぼ共通なのですが、発売日に自宅に届けてくれるのです。

発売日に発送されるわけではありません。発売日に自宅に届けてくれるということは、非常にありがたいと思いませんか?

なかなか発売日に店舗に行くことが出来ないという人も多いと思いますが、そういう人はかなりお得かつ便利です。

自宅まで届けてくるというサービスは非常にいいと思いませんか?特にiPhoneのような機種は発売日に触りたいと思っている人もかなり多いのです。

そういう人にとっては間違いなくiPhone発売のこの時期は色々気になることが多いと思います。

特にネットからの情報を得るというこの時代です。

購入もネットからという人はかなり多いと思います。確かに購入をネットから行うということは非常にいいことかと思います。

それぞれ自分の今のキャリアから入っていただき、機種変更してみるのがいいと思います。

こちらにiPhone7の時の動画ですが、予約動画を掲載しておきます。一度こちらも確認してみてください。

毎度のことながら予約は16時1分になると思われます。

予想スペック

iPhone6sから2年後ということになりますが、iPhone7のスペックも固まってきており、ざっくりですが、iPhone7sがどの程度進化するのか?というところです。

iPhone7が発売されiPhone7の次のモデルになるわけです。

まずは確実に採用される機能としては防水は間違いないと思われます。

今のところiPhone7で防水が採用されるといわれており、その防水を引き継いだ形になることは間違いありません。

iPhone7で防水の採用があり、iPhone7sでも防水は間違いなく採用される見込みになっております。防水性能というのは実はiPhone7ではかなり高いものとされており、他社比較でもiPhoneの防水性能というのはかなり高く評価されております。風呂場での利用くらいなら全く問題ないと思われます。

それくらいすごいものです。

イヤフォンジャックに関してもiPhone7からなくなるといわれており、iPhone7以降発売されるモデルではイヤフォンジャックがなくなることはほぼ間違いないと思われます。

続いてCPUですが、このCPUに関してはiPhone7で搭載される次のCPUが採用されるので、型番からすればA11となることは間違いありません。

また今回iPhone7が発表されましたが、iPhone7がiPhone6sとくらべて30%以上処理能力が向上したということなので、iPhone7sに関してもiPhone7からの能力アップに関してはそれくらいになる可能性が非常に高いということです。

そしてRAMですが、iPhone7はRAMが2GBです。そしてiPhone7Plusが3GBです。

おそらくiPhone7sになれば、両方共にRAMが3GBになる可能性が非常に高いと思われます。

ひょっとするとiPhone7sが3GBでPlusが4GBになるかもしれません。そうなると非常に面白いですよね。

iPhone7のスペックを紹介

機種 iPhone7 iPhone7Plus
大きさ 138.3×67.1×7.1mm 158.2×77.9×7.3mm
重さ 138g 188g
OS iOS10 iOS10
CPU A10 A10
RAM 2GB 3GB
ROM 32、128、256GB 32、128、256GB
画面サイズ 4.7インチ 5.5インチ
解像度 1334×750ドット 326ppi 1400:1コントラスト比(標準) 1920×1080ドット 401ppi 1300:1コントラスト比(標準)
カメラ 1200万画素/500万画素 F値1.8 1200万画素/500万画素(背面デュアルカメラ) 光学2倍ズーム 広角F値1.8、望遠F値2.8
カラー ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック
対応バンド FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、27、28、29、30)
TD-LTE(バンド38、39、40、41)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
その他 Touch ID指紋認証センサー,気圧計,3軸ジャイロ,加速度センサー,近接センサー,環境光センサー

カメラ機能

光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュ
パノラマ(最大63メガピクセル)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
手ぶれ補正機能を使ったLive Photos
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
強化されたローカルトーンマッピング
人体検出と顔検出
露出コントロール
ノイズリダクション
写真の自動HDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付

ビデオ機能

4Kビデオ撮影(30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍光学ズーム、6倍デジタルズーム(iPhone 7 Plusのみ)
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
人体検出と顔検出
ノイズリダクション
4Kビデオの撮影中に8メガピクセルの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付

前面カメラ FaceTimeカメラ

1080p HDビデオ撮影
Retina Flash
ƒ/2.2の開口部
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
自動HDR
裏面照射型センサー
人体検出と顔検出
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード

こちらがiPhone7のスペックになっております。当然ながらこれより上に行くことは間違いありません。

iPhone7よりも向上するでしょう。

iPhone8という情報も?

iPhone7の次はiPhone8が発売される情報もあります。iPhoneが2017年で初回の発売から10年たつということで、iPhone8になるのではないかという情報です。

実際にiPhone8が発売されたところで、基本的にはiPhone7の次のモデルになることは間違いありません。

しかしながらiPhone8になると形状変更も予想されるわけです。

形状変更に関しては正直なところどうなんでしょうか?

全面ガラスになる可能性もあるということです。

全面ガラスになるということは、今のように傷はいきにくくなる可能性はありますよね。それでも実際どうなんでしょう?個人的には形状変更はしてほしくないですよね。

形状変更することにより、かなりの開発工数がかかると思われます。すでに今の状態でも開発工数はかなりのものかと思われます。

携帯電話の開発にはかなりの人が携わっており、そんなに形状変更を行うと仕入先などもかなり苦しいはずです。

とはいうもののiPhone6とiPhone6sでは実はかなり構造が異なりました。外見的な見た目はほとんど同じですが、実際には中身は全く別物といっていいのではないでしょうか。それくらい違いました。

そう考えるとiPhone7とiPhone7sでも相当内部構造などは異なることが予想されます。

iPhone7sの発売は?

iPhone7sの発売は今年のiPhone7から換算すると、9月15日か22日になると思われます。

たいてい金曜に発売されていると思われますので、金曜になるでしょう。

そうなるとやはり9月15日もしくは22日あたりが濃厚と考えるのが普通です。

2017年は15日、22日が金曜なのです。

そのあたりの発売日になる可能性が高いですね。

仮に15日の発売ならハッピょうは9月6日ということになるのでしょうか。

発表から発売までの営業日が少ないとかなり現場も困惑です。非常に人気のある機種なので、売れることは間違いありません。

そう考えると本来なら発表から発売までの営業日はそれなりにほしいところです。それなりの準備が必要ですからね・・・

今年もあまり期間がなかったので、準備が本当に出来ませんでした。

来年はもう少し準備期間がほしいと思いますね。

iPhone8にはならない?

2016年9月26日追記

今年のこのタイミングでiPhone7という名称で発売されているのであれば、来年がiPhone発売から10周年たったということですが、iPhone7sという名称で発売されるのではないでしょうか。

一番気にしているのが、iPhone8という名称で発売されるのかどうなのか?ということです。

しかしながら今回iPhone6sとiPhone7では見た目上はそれほど変わりませんでした。iPhone7に関しては見た目はiPhone6sの延長線上にあり、基本的に外観だけではiPhone7とiPhone6sとでは区別が非常につきにくくなっております。

あえてそのようなことにしかのかもしくはiPhone7sではなく、形の変更はiPhone8にとっておいたのかそのあたりは不明ですが・・・

今回のiPhone7ではイヤフォンがなくなったりとそれなりに革新的な取り組みを行ってきました。

イヤフォンの廃止に関してはそれなりに賛否が別れるところではあるかと思いますが、個人的にはよくがんばったと思います。

なかなか勇気のある決断だったのではないでしょうか。iPhone7sというのは、今からもおそらく人気の出る機種であることは間違いありません。

というよりiPhoneは本当人気があり、これからもまだまだ人気が出て来るでしょう。特に日本市場でのiPhone人気というのは本当にすごいです。

iPhone7sが順当に発売されるのであれば、2017年9月の中旬ということになりますが、まだ1年あります。おそらく革新的な形に変化させて発売してくることはないかもしれません。

新色の登場が気になる

2016年10月25日追記

新色の登場というのが非常に気になりませんか?

iPhone7が発売されてやはり次回はまた新しい新色が出てきたらなぁ〜なんて思う人も多いと思います。

新色が発売されるたびに思うのですが、本当にiPhoneはかなり売れると思われます。新色の登場でジェットブラック人気というのはかなりのものです。

まだ在庫を手にできていない人もかなりいるほどですからね。そう考えると次期iPhoneが発売されるときには新色を発売することで、Appleはかなり販売力を伸ばしてくると思われます。

現在で5色展開で2種類のiPhoneそして容量は3種類です。

合計30種類のiPhoneを発売しているのです。見た目はすべて同じで容量だけを変更しているわけですが、次は6色展開などになれば、36種類ものiPhoneが発売される可能性も十分あるのです。

ひょっとするとローズゴールドがなくなるなんてこともあるのかもしれません。基本的には新しい色を投入するとそれだけ製造ラインが増えますからね。効率はよくないでしょう。次のiPhone8は新しいモデルとなり、現行の見た目からかなり変わると予想されております。そう考えると逆に色は減らしてくる可能性もあります。

色を減らしてもそれなりに売れるからではないでしょうか。すでにiPhoneへの注目度というのはかなりあります。今でも当然ながら注目度というのはかなりあるわけですが、今以上に注目度というのは増すでしょうね。

iPhone7sとiPhone8が同時発売?

iPhone7sとiPhone8が同時発売になる可能性というものが浮上してまりました。

iPhone7sではなくiPhone8が2017年に登場するといわれておりましたが、iPhone7sという名称でも発売されるかもしれないというニュースです。

なぜiPhone8ではなくiPhone7sとして発売されるのでしょうか。

一応iPhone8に関しては有機ELなどを搭載したモデルの発売を予想しております。

ちなみにiPhone8の売上は1億台以上を見込んでおり、有機ELは生産上の問題で、そこまでたくさん作ることは無理ということが現在サプライアによって報じられているのです。

となれば、有機ELを搭載しないモデルの発売も検討する必要があるわけです。

有機ELを搭載しないモデルというのは現行のiPhone7と同じLCDディスプレイを搭載というものになるわけです。

そしてiPhone8は有機ELを搭載したモデルでそれ以外はLCDを搭載したモデルとなる可能性が非常に高いわけです。

とはいうものの、iPhone7sといっても現行のiPhoneから見ると次期モデルには違いありません。

それでもiPhone8がほしいと思っている人も多いと思います。iPhone7sは幻想に終わるかもしれませんが、色々なモデルを発売してほしいと思うのはどこの国の人も同じでしょう。iPhone8は単純に有機EL搭載モデル、iPhone7sはLCD搭載モデルと区別するのが一番早いような気もしますが、実際にはそれだけではないと思います。

iPhone 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモau-300x67SB

iPhone7sが4.7インチモデルとして登場?

iPhone7sが4.7インチモデルとして登場する可能性があります。

iPhone7sというのは、iPhone7の後継モデルということですが、今のところ発売される見込みがないとされておりました。

なぜiPhone7sは発売されないのかということですが、iPhoneが発売されてから10回目というミレニアムということで、iPhone7sが発売されないということになるのです。iPhone7sではなくメジャーバージョンアップにしたいという思惑からiPhone8になると予想されていたのですが、iPhone8が発売されることは行われそうですが、iPhone7sも同時に発売される可能性があるということです。

今までのSシリーズというのは、見た目はほぼおなじですが、内部構造はかなりの変化がありました。

今回iPhone7sとして発売されるモデルに関しては、どれくらいの変化点があるのかわかりませんが、結構な変化点があるとも思いますね。

iPhone7sというのは、見た目がiPhone7で中身はいわゆるiPhone8にまで変化していると思われます。

それくらいレベルアップはしてくると思われますが、本当に楽しみですよね。

それでもiPhone7sという名称ならiPhone7とさほど変わらないので、それはそれで名称に関してはがっかりです。それならiPhone8というものが発売されるのであれば、そちらのほうを購入したいと考える人のほうが多いような気もしますが、どうなんでしょうか。

iPhone7sとして登場予定 EDGEスタイルになる

iPhone7s iPhone7sPlus フェラーリの3機種が発売予定 有機ELのEDGEスタイルに

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhone7sはEDGEスタイルになるとも言われております。

EDGEスタイルというのはGALAXY S7 EDGEなどで採用されているものと同じようなかっこになるということですが、使い勝手に関してはどうなのでしょうか?

そのあたり色々と気になる人もかなり多いと思います。個人的には使い勝手という意味ではかなりいいと思いますが、それを嫌う人も多くいると思いますね。

そういうことから実際にはどうなるのかわかりません。

ただしEDGEスタイルという新しいスタイルになるということで、非常に楽しみに感じている人は多いことは間違いありません。

iPhoneXという機種が発売される予定?

iPhoneXという機種が発売される予定になっているようです。iPhoneXというのはどういう機種になるのでしょうか?

iPhone7sとはまた別の機種として発売される予定になっているようですね。

iPhone7sというのは基本的にはiPhone7の次のモデルとなっております。

iPhoneXというのは10周年ということでPREMIUMモデルとして発売される可能性が非常に高いモデルということになるようです。

iPhoneXという名称はまだ確定ではありませんが、iPhoneXという名称がしっくりくるのでしょうか?

有機ELを採用し、5.8インチの全面画面という非常に斬新な見た目になることは間違い有りません。5.8インチといったところで、実際にはiPhone7sPlusモデルとほぼ同様の大きさになるとも言われております。

このようにiPhone7sとは別のモデルが発売されるということは初の試みではないでしょうか。となるとiPhoneXのみが売れて、それ以外のモデルが売れない可能性もあるので、Appleとしては諸刃の剣なのかなとも思いますね。

ただし有機ELは需要が多くあり、有機ELの生産が世界的に追いついていないということも原因の一つかと思います。有機ELを利用する人は基本的にはSamsungのユーザーが多いと思いますが、Appleユーザーも利用することになれば他のメーカーに関しても同様の有機EL液晶を採用する機種が発売される可能性も十分考えられるわけです。

そうなると有機ELの需要はますます多くなるわけで、市場としては嬉しい限りですが、液晶を作っていた会社にとっては結構なダメージなのかもしれません。

有機ELが世の中に大量に放出されるとなると今後テレビなどでも有機ELに置き換わっていくということも十分に考えられるわけです。数年前有機ELがブームになりましたが、その時は価格が非常に高く、コスパが悪いということで、残念ながらテレビはそれほど売れませんでした。

薄型でかなり先進的なイメージがありましたが、コスパが悪いということが原因だったようですね。確かにコスパというのは非常に大事な要素です。

ただし今は随分コストも下がってきたので、かなり安価に作れるようになってきたと思います。そうなればこれからは有機ELというのは間違いなくビジネスチャンスになってくるわけです。ビジネスチャンスなので、今後は有機ELを採用している製品というものがかなり増えてくると思われます。

iPhone 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモau-300x67SB

iPhone7sは3つのモデルで5インチモデルはQi対応

iPhone7sはなんとQi対応のモデルとして発売される予定になっております。

次期iPhone7s 5インチのディスプレイ Plusモデルの発売も 非接触充電搭載

こちらに最新の情報を掲載しておりますが、Qi対応かつ5インチのiPhoneが発売される可能性があります。

5インチのiPhoneというのは、全面ディスプレイを採用しているモデルとなる予定になっているようですね。

全面ディスプレイを採用しているモデルはiPhoneの4.7インチの0.3インチ部分を全面ディスプレイにするようです。

一番上位モデルになるといわれておりましたが、実際のところ最上位モデルにはならなかったと思います。

iPhone7sPlusという最も上位のモデルの発売もあるからです。iPhone7sPlusという機種の発売もあると思われ、それは5.5インチと現行のPlusと同じサイズで発売される予定になっております。

また今回Qiが採用されるということですが、それはかなり楽しみですね。

元々噂ではQiが採用されるという情報はありましたが、Qiが採用されるということは、いわゆる非接触で充電が可能になり、自動車などでもかなりQiの充電が可能な自動車が出てきていたりするので、今後色々な周辺機器メーカーは喜ぶような仕様になることは間違いありません。

ここにきてかなり楽しみなこと間違いありませんね。

iPhone 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモau-300x67SB

iPhone7sは有機EL採用ではない

2017年3月11日追記

iPhone7sは有機ELを採用しません。

2017年の9月頃に発売される可能性が高いiPhone7sですが、iPhone7sは残念ながら液晶になるようですね。

2017年9月の時点ではiPhone7sとPlusそして別のもう一つのモデルが発売される見込みです。

そちらのもう一つのモデルに有機ELが採用されるようですね。有機ELに関しては続報がありました。

iPhone7sでは有機ELを採用しないということですが、今後有機ELを採用するスマホがかなり増えてくることは間違いありません。

そしてiPhoneに関してもいずれ有機ELに切り替わる可能性が非常に高いのです。iPhone7sと同時にPREMIUMモデルというものが発売されるようですが、そのPREMIUMモデルというのは有機ELを採用するようです。そして2017年の時点ではおそらく在庫がほとんどない状態になるといわれております。

それが今後有機ELのiPhoneが色々発売されるようになると本当に市場は活性化するでしょうね。液晶が枯れた技術ではありますが、コスト的には結構オススメになります。有機ELを採用するモデルというのはいわゆる最新モデルのスマホだけに与えられた特権という感じになっていくのでしょうか。とにかく有機ELを採用するスマホがかなり増えてくることは間違いありません。

iPhone 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモau-300x67SB

iPhone8も同時発売 iPhone7s iPhone7sPlusも?

2017年8月14日追記

今の時点ではまだ確定しておりませんが、iPhone8は発売されることは間違いありません。iPhone8という機種は当然ながら最も人気の出るモデルになっていることは間違いありません。

iPhone7sというのは、ひょっとしたら今のところ発売される可能性は低いかもしれません。

最新の情報では名称が統一される可能性があるのです。名称が統一されるということで、すべてがiPhone8シリーズになる可能性も十分に考えられるわけですね。そうなるとiPhone8は残念ながら発売されません。

しかしながら3つのモデルはすでに量産体制に入っているということで、9月に発売されることは間違いないでしょう。

非常にたのしみにしたい機種ですが、発売日に手に入れることは容易ではないかもしれませんね。

発売日に手に入れようと思ったら、やはり予約が重要です。

<ドコモ>

<au>

<ソフトバンク>

こちらの各店舗での予約を是非オススメしたいと思います。

iPhone 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモau-300x67SB

iPhone7sとして本当に発売されるのか?

2017年8月17日追記

本当にiPhone7sとして発売されるのか気になるところではないでしょうか。今のところiPhone8という名称に統一されるという記事も出ており、非常に気になるところではないでしょうか。

それでもiPhone7sという名称では発売されるような気がします。その理由というのはiPhone8と比較してiPhone7sというのは間違いなく異なる形状をしているからです。

それならiPhone7sという名称で発売されてもあまり気にならないような気がします。

iPhone8という名称で発売してほしいという人も多いと思いますが、実際はiPhone7の後継モデルにしか過ぎません。そういうことをトータル的に考えるとやはりiPhone7sという名称で発売されてもそれはそれで自然というものです。

iPhone7sという名称で発売されることが決して悪いことではありません。むしろそのほうがiPhoneとしての親しみも湧くのではないでしょうか。

実際にまだ発売されていないので、なんともいえませんが、iPhone8ではなくiPhone7sとして発売されたところでそれほど違和感もないというのが事実ではないでしょうか。それでもiPhone8という異なるもので発売されるのであれば、非常にいいのではないでしょうか。個人的にはいいことかと思います。

iPhone 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモau-300x67SB

iPhone7sは発売されないの?

平成29年9月7日追記

今回はiPhone7sは発売されない可能性が高いと言われております。

iPhone8として発売される可能性が非常に高いですね。

iPhone8はかなりのスペックとなっておりますので、相当楽しみですよね。

初回投稿日:2016年9月14日