iPhone11 Ⅺ (イレブン) / MAX スペック 予想 価格 発売日 予約

2019年モデルのiPhoneに関して予想をしてみたいと思います。

2018年モデルから3種類のiPhoneが発売されるようになりました。3種類のiPhoneというのはiPhoneXs、iPhoneXsMAX、iPhoneXRの3種類のiPhoneとなっております。

これら3つのiPhoneですが、それぞれ特徴があります。

iPhoneXsというのはiPhoneXの後継モデルとなっており、有機ELを搭載しており非常に人気の高いモデルになることは間違いないでしょう。日本市場に置いては最もほしいと思わせるモデルになることは間違いないかと思います。

ただし若干価格が高めということで、かなりの人がiPhoneXRに流れるとも言われております。

iPhoneXRでも価格的には安価といいながらも実際には税込みで9万円ほどとなっており、実はそれなりにいい値段となっているのです。

iPhoneの価格は年々上昇しており、かなり高額な価格設定となっていることは知っている人も多いと思います。

それでは2019年に発売されるiPhoneの予想を行いたいと思います。

名称はiPhone11?Ⅺに

名称に関してですが、おそらくiPhoneⅪになるかと思います。

iPhoneXがテンと呼ばれており、いわゆる10となっております。それの後継モデルということもあり、iPhone11 イレブンとなる可能性が非常に高いですね。

2018年モデルではまさかのiPhoneXsという「s」をつけてきました。

今までの流れからするとiPhoneではiPhone6があり、iPhone6sとなっておりました。その流れを完全に引いていると思います。

今後もおそらくその流れというのは続くものと考えるとiPhone11となる可能性というのはかなり高いものと思われます。

続いてCPUですが、2018年モデルではA12というCPUが搭載されました。これは今までのCPUであるA11と比較しても15%の性能アップと言われております。

しかしながらベンチマークでは30万を超える結果となっており、世間を賑わせています。

それくらいiPhoneの実力は高いといわれているのです。A11からA12では実はCPUを製造する時のプロセス・ルールというものが変更になりました。

今までは10nmというプロセス・ルールが7nmというプロセス・ルールへと変更になったのです。

このプロセス・ルールの変更に伴いかなり省力化及び高速化が図られた可能性が非常に高いことがわかっております。

プロセス・ルールというのは少ないほうがCPUの処理能力が高いといわれております。

2018年モデルで7nmとなり、次のモデルではおそらく7nmのままとなる可能性が非常に高いです。

そのため2019年モデルは7nmでありながら性能アップされることはほぼ間違いないかと思います。

続いてRAMですが、RAMに関してはiPhoneXs及びiPhoneXsMAXで4GBのRAMを搭載しました。

4GBのRAMの容量というのは以前のiPhoneからするとかなりの大容量となります。容量が大きければ間違いなくいいというわけではありませんが、少ないよりも多いほうがいいことは間違いないでしょう。

おそらく2019年モデルでもこの4GBのRAMというのは引き継がれることは間違いないかと思います。

カメラ性能に期待

実はかなり期待してもいいのかもしれないのはカメラではないでしょうか。

カメラがついにトリプルカメラになる可能性が高いということです。すでに日本市場でもトリプルカメラを搭載しているモデルというものがありますが、トリプルカメラを搭載することにより、かなりカメラ性能に関しては期待できるかと思います。

2018年モデルでもトリプルカメラモデルが発売される可能性があると噂されておりましたが、残念ながらカメラ性能に関してはデュアルカメラ止まりでした。

これが2019年モデルではトリプルカメラを搭載したモデルが発売される可能性が非常に高いようです。

トリプルカメラを搭載するということで、高まるのはズーム性能などではないでしょうか。

現在iPhoneXsMAXやiPhoneXsでは6倍ズームとなっておりますが、今後3つのカメラが搭載されるとそれらのカメラのズーム性能が10倍くらいになるのではないでしょうか。

GALAXYシリーズなどではすでに10倍のズーム性能がついているカメラを搭載しているモデルが発売されているなど非常に楽しみなモデルがいろいろ発売される予定になっております。

ズーム性能などが上がるとかなりキレイな写真を撮ることが可能になることは間違いないかと思います。

トリプルカメラを搭載している機種が非常に増えています。XPERIAなどでもトリプルカメラを搭載しています。iPhoneにトリプルカメラを搭載することにより、世の中ではトリプルカメラがスタンダードになってくるのではないかと思います。

iPhoneⅪではWi-Fi6が採用される予定

iPhoneⅪではWi-Fi6が採用される可能性が高いことがわかりました。

iPhoneⅪはWi-Fi6を搭載予定 更に高速に動作させることが可能になるのか

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhoneⅪでWi-Fi6が搭載される見込みです。

Wi-Fi6というのは、次世代のWi-Fiとなっており、現行のacの次の規格となります。axと呼ばれる規格となっておりますが、呼び方はWi-Fi6となります。

acとかaxとかnとかそのような言葉を覚える必要がなくなったということで非常にメリットがあるかと思います。

Wi-Fi6という名称でおそらく次のモデルではWi-Fi7となる可能性もあります。

数字で呼ばれるということで、あまりよくわからなかった人もシリーズものになったということで、かなり呼び方に関してはメリットがあるかと思います。

Wi-Fi6に対応するということで、今後Wi-Fi6対応のルータの価格が下がればいっきに普及するでしょう。

とはいうものの実際にWi-Fiの通信速度があがったとしても光回線がそこまで高速にならないと意味がないんですが・・・

高速通信になることはありがたいことですが、iPhoneも5Gに対応してもらいたいですね。5Gに対応されるiPhoneが発売されるとそれは爆発的に売れるでしょう。とはいうものの実際にその5Gのサービスがどのように展開されるのかということが気にはなりますよね・・・

5Gサービスも一部地域のみになる可能性も非常に高いでしょう。

2018年モデルのおさらい

機種 iPhone XS iPhone XSMAX
大きさ 143.6×70.9×7.7mm 157.5×77.4×7.7mm
重さ 177g 208g
OS iOS12 iOS12
CPU A12 A12
RAM 4GB 4GB
ROM 64、256GB、512GB 64、256GB、512GB
画面サイズ 5.8インチ 6.5インチ
解像度 2,436 x 1,125ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
2,688 x 1,242ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
画面その他 True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625cd/m2(標準)
耐指紋性撥油コーティング
複数の言語と文字の同時表示をサポート
カメラ デュアル12MPカメラ(広角と望遠)
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
デュアル光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
写真のスマートHDR
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
ローカルトーンマッピング
高度な赤目修正
露出コントロール
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム、最大6倍のデジタルズーム
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
TrueDepthカメラ 7MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
アニ文字とミー文字
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
写真のスマートHDR
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
Retina Flash
裏面照射型センサー
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
カラー ゴールド、シルバー、スペースグレー
対応バンド FDD‑LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、66)
TD‑LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)
その他 Face ID、指紋認証センサー、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

こちら2018年モデルです。