iPhone SE2 アイフォーンSE2 スペック 発売日 予約 在庫 仕様 ドコモ au ソフトバンク

iPhoneSE2というものが今後発売される予定になっています。

iPhoneSE2というのはiPhoneSEの後継モデルになると考えられます。

ぜひオンラインショップの利用を推進したいと思いますね。

オンラインショップでの購入がベスト

最近iPhoneはオンラインショップを利用して購入する人が非常に増えています。

こちらドコモ、au、ソフトバンクのオンラインショップとなっています。こちらのショップを利用する人が非常に増えてきているのです。

オンラインショップで購入するメリットが大きいからでしょうね。オンラインショップで購入すると、わざわざショップに足を運ぶことなく購入することが可能です。

正直なところそれだけでもメリットがありそうです。店舗購入をオススメしないわけではありませんが、やはり店舗で購入するより、楽に購入することができますからね。

iPhoneSE2は、ドコモ、au、ソフトバンクから発売されると思われます。低価格のiPhoneというよりもコンパクトサイズのフラッグシップモデルという位置づけになっているかと思います。iPhoneSEシリーズも各社から販売されたという実績もありますので、iPhoneSE2も例外なく、各社から販売されるでしょうね。ひょっとするとMVNOからの発売もあるのかもしれません。

MVNOというわけではありませんが、UQやワイモバイルは取り扱う可能性も十分に考えられます。

スペック予想

2019年10月の最新の情報をお伝えしたいと思います。iPhoneSE2という名称で発売されるかどうかはまだ今のところ不明なのですが、A13と呼ばれる最新のCPUを搭載すると言われております。

A13というCPUというのは、iPhone11シリーズに搭載されているCPUとなっています。A13というCPUはかなりいいCPUとなっており、antutuベンチマークのスコアでも45万程度のスコアを誇るCPUとなっています。ちなみにantutuベンチマークの結果が45万を超えるというのはすごいことなのです。

その理由は前モデルのiPhoneXSなどでは36万程度となっています。

それより前のiPhone8などはさらに低い結果なのです。それだけでも十分すぎるスペックとなっています。そのA13と呼ばれる最新のCPUが搭載される予定になっています。

これはiPhoneファンとしてはかなり嬉しいことですよね。iPhoneSE2を購入したとしても十分に長い間利用することができるということです。

どうせ利用するなら長い間使いたいですよね。それが今度のiPhoneSE2では長期間利用することができるようになるのです。かなりオススメしたいのですが・・・

まずはiPhoneSE2というのは、iPhoneSEの後継であることは間違いないと思います。iPhoneSEは基本的にiPhone6sとほぼおなじスペックです。

そう考えるとiPhoneSE2に採用されるスペックというのはiPhone7に搭載しているものと同じくらいのCPUということになります。

実際のところそれくらいCPUなどの能力がなくてもiPhoneSEというのは、使えますが、やはりスペックが高くないより高いほうがいいはずです。

A13というCPUはiPhone11に搭載されているCPUとなっており、2019年に発表されたCPUでいえば最新のCPUです。すでにパソコンと同じレベルの性能があるCPUとなっています。

パソコンと同じくらいのCPUの性能ということであれば、相当期待できるのではないかと思っています。

iPhoneSE2の発売は本当にあるのか?

iPhoneSEは2016年3月31日に発売されてから、iPhoneSE2の販売は2019年にはいってもまだありません。

発売から3年以上経過しても音沙汰がないのです。iPhoneSEはまだ日本国内で、販売されているモデルとなっておりますが、恐らくほとんど売れていないモデルになるのではないかと思います。

さすがに発売から3年ほど経過した機種を新規で購入する人は少ないでしょうからね。

それでもiPhoneSE2の販売は行われないということで、本当に発売されるのかどうかわからないという声も多いと思います。

iPhoneSEシリーズはいわゆるiPhone5sの流れからきているモデルとなっております。昨今iPhoneXRも含めて大画面化をしているiPhoneなので、小型画面モデルの開発はやめてしまったのかもしれません。本来それはかなり寂しいことなんですけどね・・・

日経新聞に2020年3月に発表されると報道が掲載されました。

日経新聞に掲載するということで、ほぼ間違いなく確定的な情報かと思います。

さすがに新聞社は嘘の情報は書きませんので、よくそのスクープを得たなぁ〜と思いますが、相当楽しみです。

2020年というと日本ではオリンピックイヤーとなります。3月ならこれから新学期に入る子供などにもiPhoneSE2を持たせることが可能かと思いますね。

個人的に見ても本当にiPhoneはいい機種なので、非常に楽しみです。

今のところ2020年の3月ということで、3月商戦の時にはかなりの人がiPhoneSE2の購入を行うのではないかと思っています。iPhoneSE2というのは、それだけでもうブランド力もかなり高く、またiPhone8の後継モデルということで、非常に期待されているモデルなのです。4インチまで小さい画面になることはありませんが、5インチほど大きくはなく、コンパクトボディに興味のある人なら間違いなくお得な機種になるかと思います。

iPhone 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモau-300x67SB

デザインは?

こんなデザインだったらいいね!というデザインです。

それでもおそらくこのようなデザインになることはないと思います。2019年の情報だとiPhone8と同じようなデザインになるのではないかという予想となっています。

iPhoneSEは4インチと非常に旧型ボディとなっており、そのままの4インチが継承されることはないでしょう。画面サイズは4インチよりも大きくなる想定です。

さすがに2020年にもなり4インチという非常に小型サイズのモデルの発売はないと思われますので、デザインとしては若干大きめになると予想されます。大きめの機種になるということは、画面サイズも大きくなるでしょう。日本国内でiPhone8の販売台数がかなり伸びているという現状を考えれば、4.7インチクラスもありえるのではないかと思います。4.7インチというとiPhoneSEからすると大画面という位置づけになりますが、昨今のiPhoneの画面サイズから考えるとそこまでの大画面というわけではありません。コンパクトというわけでもありませんが、iPhoneSEからすると大画面になるのです。

基本的に大画面モデルというのは、他のiPhoneがカバーしますので、コンパクトレベルのiPhoneを想像すれば問題ないかと思います。
デザインというのは、売れ行きに左右される部分でもあるかと思います。iPhoneはデザイン性に優れているため、違った方向に進むことはないかと思いますね。

最新の情報ではiPhone8の後継に近い見た目になるとも予想されております。iPhone8が発売されすでに2年以上が経過しているので、iPhone8の後継といってもいいのかもしれません。逆にいえば4インチモデルのiPhoneはなくなり、最低のインチ数が4.7インチになる可能性もあるということです。

iPhone8の画面サイズは4.7インチとなっており、画面サイズとしては、4インチからすると0.7インチのアップとなります。0.7インチのアップをどう見るかですね。現在のiPhoneSEユーザーからすると大画面になると嫌だなぁ〜と感じるかもしれません。それでも大画面を普段から所持している人からすると4.7インチは小さく感じるでしょうね。やはりどうせ持つなら大画面モデルがいいと思っている人も間違いなく多いのではないかと思います。

iPhone 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモau-300x67SB

256GBモデルの発売もある?

256GBという大容量モデルの発売もあるかもしれません。

iPhone11Proなどでは512GBという非常に大容量のモデルも販売しており、大容量モデルのニーズというものは高まっていると思います。大容量モデルのニーズが高まっているということは、iPhoneSE2でも例外なく、大容量モデルが発売される可能性も十分にありえるのです。

基本的にiPhone11と同じ容量のモデルが発売されると思われます。それならiPhone11と部材共有ができますので、iPhoneSE2の価格を下げることが可能となります。

64,128,256GBというラインナップになる可能性が高いと思います。

さすがに2020年になり、32GBというラインナップはないと思います。そこまで容量が小さいと3年とか4年とか利用することはかなり困難なことになりますからね。

容量がなくなる問題というのは、iPhoneの仕組みやバックアップなどの仕組みをよく理解している人ならなんとなく運用することができるかもしれませんが、運用できない人は、はじめから大容量モデルの購入をオススメしたいですね。

そうでないとかなり厳しいと思います。容量不足に陥ったら基本的にデータを消すくらいの方法しかありませんからね。データを消すという方法は原始的なわけですが、どれを消していいのかわからないという問題点にも直面します。どうせ買うなら大容量モデルのほうが安心ですね。

iPhone SE2は2020年まで持ち越し?

iPhoneSE2は2020年まで持ち越しです。

iPhoneSEの人気は衰えておりますが、今後2019年にはiPhone11の発売が行われます。

iPhone11の販売とはかぶらないタイミングで行われると思われますので、発売されるのであれば、2020年3月になるのではないでしょうか。

iPhone11とは全く異なる画面サイズとして発売される予定なので、今から楽しみですね。

それでも2020年には日経が発売すると報じており、間違いなく発売されるでしょう。

さすがに日経は嘘はつかないでしょう。日経が発売すると報じている以上、ある程度裏取りはできていることは間違いないと思います。今のところ発売は2020年3月ごろの発売になると言われております。2020年3月ごろの発売ということもあれば、日本でいえば、夏モデルの発表前となるでしょう。ドコモ、au、ソフトバンクの3社から発売されることは間違いないでしょう。日本でもMVNOなどでどんどんiPhoneが発売されていることを考えると、日本でMVNOからの発売もあるかもしれません。