iPhone 2018年モデル スペック 発売日 ドコモ au ソフトバンク

iPhoneの2018年モデルが発売されますが、2018年モデルで今の時点で出ている情報をお伝えしたいと思います。

2018年モデルは今のところ3つのモデルとして発表されると予想されております。3つのモデルの内訳をお伝えしたいと思います。

iPhoneの3種類はどんなスマホか?

iPhoneは3種類になる予定ですが、画面サイズが異なる3つのモデルになる予定となっております。

3種類のモデルが発売されるのですが、画面サイズが異なります。それではその3つのiPhoneのサイズをお伝えしたいと思います。

6.1インチ
5.8インチ
6.5インチ

この3つの画面サイズのモデルが発売される予定になっております。

またこの画面サイズも異なるのですが、画面サイズが異なるだけではなく、画面が液晶モデル及び有機ELが搭載される予定です。

6.1インチのみが液晶モデルとなっております。

それ以外の2つの画面は、有機ELとなっております。最近有機ELを搭載しているモデルというのは非常に人気ですからね。

有機ELをiPhoneXで初めて採用されました。iPhoneでもそうですが、有機ELというのはスマホにかなり採用されております。

スマホに採用されることにより、有機ELの価値もかなり上がってきているのでしょう。またテレビでも有機ELなどがかなり出てきております。

有機ELは数年前に世の中に出てきましたが、その後一時期ブームがさりました。

それが昨今有機ELがかなり見直されております。その理由ですが、やはり有機ELというのは画面が非常に薄くなっており、LEDも背面に入れる必要がありません。

そのため薄型にすることが可能です。薄型になるということは、スマホとしては必須の課題でしょうからね。そのため有機ELが利用されてきているわけです。

CPUにA12が採用

CPUにA12という最新のCPUが採用される予定になっております。2017年モデルに採用されているA11の後継モデルです。

後継モデルのCPUですが、A12になることにより、10%程度能力アップになると言われております。

10%程度しかアップすることしかできませんが、すでにトータル的にできているため10%アップくらいでも十分だと思います。

iOSがハードと同時に開発しているため非常に高速に動作することができるのです。

一応iPhoneに搭載されているCPUというのは、現行発売されているスマホの中では最高級のモデルと言われているので、A12はかなりいいです。

TSMCというメーカーが製造しており、100%の供給とも言われております。