iPhoneX シャープ製の有機ELディスプレイ採用 AppleWatchに続いて

iPhoneに使用されている有機ELというのは、シャープやLG、サムスンなどと言われております。そのうちサムスン製が中国製に切り替わるかもしれないとも報じられています。基本的にLGを作っているメーカーというのは、世界的に見てもそこまで多くはありません。それでも世界的に見ると有機ELの人気というのはなぜか高まっているわけです。

有機ELが人気の理由というのは、薄型に製造することができるということと、iPhoneの取り扱いが始まったということです。有機ELというのは、かなりメリットがありますが、有機ELというのはまだ部材コストがそれなりにします。そのため今後はどうなっていくのか非常に楽しみですが、ハイエンドモデルを中心に有機ELに切り替わっている現状があります。

以下は2016年に掲載した記事となりますが、iPhoneXの記事を掲載しています。iPhoneXというのは、2019年時点では販売してりませんが、十分使うことができるまだまだ非常に人気の高い機種となっています。

次に発売されるiPhoneはiPhone8になるといわれております。

iPhone7sはどうも飛ばされる可能性が高いということですが、次に発売されるiPhoneには有機ELが採用される可能性が高いということです。

シャープと交渉中

現在その有機ELの受注の件で、シャープと交渉中という情報があります。

シャープは誰もが知っている日本のメーカーですが、ここ最近鴻海に買収されてしまったという印象が強いと思います。一応シャープブランドとしては残す予定にしているようです。

そんなAppleとシャープが有機EL採用に向けて現在動いているというのです。

有機ELというのは一時期テレビ・ディスプレイなどでも採用しましたが、今は一部のテレビ・ディスプレイ以外では採用されておりません。なぜ採用されていないのかということですが、コストの問題といわれております。通常のLCDディスプレイに比べてコストの面で結構高いということで、敬遠されているのです。

スマホは画面サイズもそれほど大きくないので、有機ELでもそれほどコストアップにはならないのでしょう。

現在GALAXYシリーズは有機ELディスプレイを採用しております。このように有機ELディスプレイというのは身近にあるものなのです。

AppleWatchは有機ELを採用

AppleWatchは有機ELを採用しております。それと同じディスプレイをiPhone8で採用する見込みにしているようです。

有機ELを採用するメリットというのは、バッテリーの持ちがよくなるということもあるのでしょう。またGALAXYシリーズであったようなEDGEスタイルのようなディスプレイも開発できるというメリットがあります。いわゆる湾曲しているディスプレイです。

湾曲しているディスプレイをiPhoneに採用するかどうかは微妙なところですが、柔軟な設計ができるということからiPhone8で採用されるディスプレイに関しては有機ELを採用するということなのです。

ここ最近AppleとSamsungはある意味競争関係にありましたが、この競争関係の中で、Samsungは有機ELを選択しています。

実際に利用する側の立場からするとあまり変わりないと思います。LCDディスプレイを搭載していても、有機ELを搭載していてもそれほどの違いはないように感じます。

個人的には有機ELの若干青みがかったような色は好きではありませんが・・・それでもトータル的に見ると有機ELのほうが上をいっているのかもしれませんね。

iPhone 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモau-300x67SB

今後Appleにならえで日本メーカーも採用するの?

日本ではApple好きが非常に多くいます。ということはAppleの形状を真似したものもたくさん発売されるかもしれません。

日本メーカーが有機ELを採用するかどうかはわかりませんが、ひょっとすると採用してくる可能性も十分考えられます。

スマホの画面に関しては有機ELのほうがいいという感じなのでしょうか?

機種によっては今のまま設計変更しないケースもあると思いますが、やはり日本のメーカーも革新的なことはやってほしいですね。

引用元:iphone-tech
初回投稿日:2016年10月3日