iPhone7 がドコモ ワイモバイルから購入できる 安く買えるのはかなりお得

iPhone7が発売されたタイミングでは、iPhone7の人気はすごく購入することがなかなかできませんでした。それが今ではドコモ及びワイモバイルから発売されております。

ドコモ、ワイモバイルから発売されているということで、それらのキャリアから購入して持っている人も多いかと思います。現状では在庫もかなり確保されており、いつでも手に入れることが可能です。

さすがに3年前の機種なので、当然といえば当然ですが、ある意味安く購入できるのは非常にお得です。
https://ymobile.site/archives/33

iPhone7が発売された当時の記事

iPhone7及びiPhone7Plusが発売されましたが、iPhone7の売上はかなりのものですが、iPhone7Plusの売上が全くのようです。

今までのiPhone6sまではiPhone6sPlusよりもiPhone6sのほうが売れておりました。今回はその事情が変わってきているようです。

iPhone7Plusの人気がすごい

今回はiPhone7Plusの人気がすごいです。iPhone7よりもiPhone7Plusを待っている人のほうが間違いなく多いのではないでしょうか。

iPhone7Plusというのは大画面で、大画面に関してはiPhoneでは不要と思っている人のほうが間違いなく多かったです。

その不要というのは、iPhone7にしてもPlusは大画面すぎて元々iPhoneを持っていた人からは敬遠されていたのです。

その敬遠されていた理由というのはAndroidが大画面化されて、色々叩かれていましたが、今は大画面が当たり前になりつつあります。そんななかでiPhoneに限っては小型の画面を採用しておりました。元々3.5インチとかでしたが、4インチになり、4.7インチになり、Plusが発売されて5.5インチになりといった感じです。

このようにiPhoneはどんどん大画面化してきた経緯があります。それにより、今回は大画面による抵抗がなくなったのでしょう。

それとなんといっても今回のiPhone7Plusに関していえばデュアルカメラが搭載されております。どうしてもそのデュアルカメラを使いたいとおもっている人がかなり多いことが伺えます。

在庫が極端に少ない入荷予定もあまりない

在庫が極端に少ないということがその原因の一つなわけですが、入荷予定が少ないということじたいApple側にも問題があるわけです。

それでも世界的に販売されている機種となっているので、世界的には非常に人気があります。

当然ながらほしいと思っている人は日本だけではありません。アメリカやヨーロッパなどの国でもかなりの人がほしいと思っているので、当然ながら在庫はそちらのほうにも流れていくわけです。

それでもAppleは日本市場に対してのかなり強い思い入れがあるようです。

総務省認定機種?

今回はフェリカなどに対応するために日本独自のモジュールを入れてきています。とはいいながらも実際には世界共通モデルのようですが・・・そんななかで総務省認定という記載が背面にはあり、いわゆるお財布携帯機能が付いているわけです。

そういうことを考えると日本市場にかなり特化しているということです。これはかなりありがたいのではないでしょうか。

日本市場ではiPhone人気というのは本当にすごいのです。スマホを持っている人の約半分がiPhoneを持っているわけです。

それくらい日本市場では人気のあるガジェットなのです。そう考えると間違いなく日本では当分在庫不足になるでしょうね。

当然ながら全員が買うわけではありませんが、iPhone6からの買い替え、iPhone5sからの買い替えはかなり多いと思います。

そうなるとやはり日本でも1000万台ほどは売れると予想されます。

それがまだ数十万台レベルでしか入荷されていないことじたいが問題なのではないでしょうか。発売されたばかりなので仕方ないことかもしれませんが・・・

もう少し在庫が潤沢になるまで待ちたいところですね。