iPhoneの最新情報を掲載中 iPhoneの予約もこちらのサイトから受付中です。

iPhone予約

iPhoneXR2

iPhoneXR2 アイフォーンテンアール2 2019年 スペック 予想 価格 ドコモ au ソフトバンク

投稿日:

2019年のiPhoneが発売される予定になっております。iPhoneXRの次の名称は何になるのでしょうか?

iPhoneXRの次の名称はiPhoneXR2になるのでしょうか?

名称に関しては未定ですが、2019年に発売されるiPhoneに関しての情報を少しでもお伝えできればと思います。

iPhoneXR2のスペックを予想

iPhoneXR2のスペックがどのようなものになるのか予想したいと思います。

現在出ている2019年に発売される情報としてiPhoneXR2の位置づけというのはiPhoneXRの後継モデルということになります。

iPhoneXRの後継モデルということでベースはiPhoneXRと同じになると思われます。

2018年モデルでiPhoneは3つのモデルを販売しましたが、iPhone2018年モデルでiPhoneXRのみ有機ELの採用を見送り、液晶となりました。

そのため液晶のモデルは2019年も継続して販売される予定になっております。

液晶は廉価版という感じの印象を受けますが、そんなことはありません。液晶であったとしてもかなりきれいな画面なのです。

個人的に見ても液晶の画面というのは、かなりきれいかと思います。

有機ELだからきれいというわけではありません。

有機ELには焼付という問題もあるのです。

その焼付というのは、利用している画面がこびりつくような感じになり、例えば白い画面などを表示していてもいつも使っている画面がこびりついたような感じになるのです。

そのためスクリーンセーバーのようなものが必要になるということです。

iPhoneXRというのは液晶のためそのような問題が起きることはそれほど多くはありません。

液晶が有機ELに劣っているということは絶対にないわけです。

iPhoneXRの後継モデルに関しては液晶モデルが搭載される予定になっており、2018年モデルと同様に有機ELモデルが2つで液晶モデルが1つの発売になる見込みです。

画面サイズは6.1インチ

画面サイズに関しては6.1インチになる見込みです。

6.1インチの画面サイズというのは、かなり大画面となっております。

今まで小型のモデルが多かったiPhoneですが、6.1インチという大画面をiPhoneXRで初めて搭載しました。

2019年モデルでも同様に画面サイズは6.1インチになる見込みです。

6.1インチの画面サイズというのは、iPhoneXSよりも画面サイズだけ見ると大きな画面となります。

iPhoneXSMAXほどの大画面にはなりませんが、十分大きな画面サイズということです。

昨今6インチを超えるような大画面を搭載するモデルがいろいろ販売されるようになり、6.1インチでもそこまで大画面という扱いではないのかもしれません。

しかしながらiPhoneで6.1インチというとかなりの大画面ということになるかと思います。これはかなり期待してもいいのではないでしょうか。

日本のキャリアはドコモ、au、ソフトバンクからの発売

毎年のことですが、日本のキャリアはドコモ、au、ソフトバンクから発売される予定となっております。

<ドコモ>


<au>


<ソフトバンク>

こちらの3社から発売される見込みとなっており、各社かなり力を入れて販売してくれることは間違いないでしょう。

特にソフトバンク及びauに関してはiPhoneの販売はかなり力を入れているのです。

半数以上がiPhoneの販売ということで、かなり期待できるのがこの2社なのです。ドコモはiPhoneの販売にも力を入れておりますが、Androidの比率が高いこともあり、Androidを購入する人もかなり多いわけです。

そういうことからiPhoneの販売に限って言えば、ソフトバンク、auのほうが売れ行きは大きくなるわけですね。

iPhoneの購入をオンラインショップから行うと自宅まで無償で送付してくれるということもありがたいです。

また発売日に送付されるわけではなく、発売日に自宅に届きます。

これはかなりメリットのあることではないでしょうか。

 発売日にiPhoneが自宅に届くのです。iPhoneの発売日というのは、キャリアからしてもお祭りとなりますので、かなり期待できるかと思います。

2019年モデルでも3種類のモデルが発売されることは継続

2018年にiPhoneは3種類のモデルとして販売されました。

・iPhoneXR
・iPhoneXS
・iPhoneXSMAX

この3つのモデルが販売されました。

2019年モデルも基本的な形状はそのままのモデルが販売される可能性が高いでしょう。

上記でも述べたようにiPhoneXSはiPhoneXの後継モデルということになりますが、iPhoneXRは今回始めて筐体を投入しております。

それなら最近のiPhoneの傾向としては3年は同じ筐体を利用するということです。

ある意味完成されたモデルということもあり、iPhoneXRは今後2年は利用されるのではないでしょうか。

iPhoneXRでの変化というのは、基本的な性能アップがメインになるかと思います。

CPUはA13が搭載の予定

iPhoneXR2のCPUというのは、A13と呼ばれるCPUが搭載されると思われます。

A13というのは当然ながらA12の後継モデルということになります。

A12でもかなり高速な数値となっており、すでに7nmという非常に細かいプロセス・ルールを採用しております。

プロセス・ルールに関してはA13に関しても7nmが採用される見込みとなる予定です。

A13のプロセス・ルールというのは、7nmですが、トータル的なスペックは上がると思われますので、かなり高速に動作すると思われます。

プロセス・ルールが向上するのは2020年以降に搭載するiPhoneではないかと思います。

なかなか一般の人がプロセス・ルールという言葉を目にすることはないかと思いますが、覚えておいてもいいかと思います。

2019年は7nmのプロセス・ルールを採用するが、トータル的なスペックはあがる予定です。

RAMの容量

RAMの容量に関しては4GB程度を想定していると思います。

4GBのRAMの容量というのは、Androidスマホではそれほど多くはないわけですが、iPhoneからするとかなり高めになると思われます。

4GBのRAMになると複数のアプリの立ち上げに関してもそれほど問題が出てくることはありません。

RAMの容量の大容量化はかなり期待してもいいのではないでしょうか。

ちなみにiPhoneXRのRAMの容量は3GBとなっております。iPhoneXS、iPhoneXSMAXのRAMの容量は4GBです。

3GBから4GBになるだけでゲームなどのアプリはかなり快適に動作させることが可能になるのでしょう。

1つのアプリしか開いていないのであれば、そこまでの問題はないと思いますが、複数のアプリを立ち上げたり、定期的な再起動を行っていない場合だとRAMの容量が大きいほうがいいと思います。

カメラはシングルカメラ継続

カメラに関してはシングルカメラが継続されるものと思われます。

こちらシングルカメラの比較記事となっておりますが、カメラの性能はシングルカメラであったとしても十分綺麗です。

暗い場所での動画撮影を行っており、かなりきれいな動画に仕上がっていると思います。

iPhoneXSMAXとiPhoneXRでのカメラに関する違いというのはそこまで無いかと思いますが、若干iPhoneXSMAXのほうが暗い場所でもきれいにとらえているように感じます。

実際はそれだけのことかと思いますが、このカメラの違いというのはこのように撮ってみないとわからないことが多いです。

おそらく単体でカメラを見てもその違いに関してはわかることは非常に少ないと思います。

カメラの違いで悩んでいるのであれば、XRの後継モデルでも十分かと思いますね。

オンラインショップ

ネットでスマホを購入できる時代になりました

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップはすべての契約で事務手数料、頭金が無料です。ショップで購入するよりも間違いなくお得なのです。

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

-iPhoneXR2
-, , ,

Copyright© iPhone予約 , 2019 All Rights Reserved.