iPhoneのイヤフォンジャックがなくなりどうなった?

iPhone7でイヤフォンジャックがなくなりました。

イヤフォンジャックがなくなるということで、実際に困っている人はどれくらいいるでしょう。イヤフォンジャックがなくなることにより困った人はどういう対策を行ったのでしょうか?

アップルはAirPodsを売りたい?

アップルはAirPodsを売りたいためにイヤフォンジャックをなくしたとも言われております。

一応Lightningとのアジャスターは存在するものの、それをメインで音楽を聞いている人はあまりいないのではないかと思います。

AirPodsを利用して音楽を聞いている人が非常に増えたと思います。

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

23,030円(12/13 04:50時点)
Amazonの情報を掲載しています


AirPodsの価格はかなり高額な価格設定となっており、2万円ほどします。このようなものがかなり販売されているのです。しかしながら、これとは別に安価な模倣品もかなり販売されているということがわかるかと思います。模倣品であったとしても見た目は同じです。

何が違うのかというと、やはり音質と品質です。そもそもの品質が違うので、安価なものを購入すると安物買いの銭失いになりかねないと思います。そのため安価なAirPodsのような機種があったとしてもそのあたりは注意する必要があります。個人的にはオススメできませんね。バッテリーの容量が極端に少なく、1時間程度で音楽が聞けなくなるような粗悪品もあります。このような粗悪品というのは、アップルを真似する製品にはよくあることなので、仕方ないことかもしれませんが・・・

それでもこのような粗悪品もあるということを覚えておきたいところですね。基本的にメーカーものが一番いいものを製造していると思います。それはやはりアップル品質だと思っておけばいいのではないかと思います。結果的にアップルはこのようなAirPodsを販売したいと考えているため、イヤフォンジャックをなくしたのではないでしょうか。結果的に今はあまり困る人もいないのではないかと思います。

iPhone7の時はアジャスターが同梱されていましたが、今はアジャスターが同梱されていません。

Apple Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

Apple Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

1,061円(12/13 04:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

こんなやつです。これも1000円もするんですね。相当高く感じるのは私だけでしょうか・・・

このようなアジャスターも付けなくなったということで、アップルは完全にワイヤレスの方向に持っていきたいのでしょうね。

イヤフォンジャックがなくなりどうなる?

こちらiPhone7が発売される前の情報となっており、やはり世間的にはイヤフォンジャックがなくなることで割と賑わっていました。

結果的にイヤフォンジャックがなくなり数年経過したわけですが、そこまで大きな問題になることもないかと思います。実際はそれくらいのレベルなのかもしれません。個人的にはイヤフォンジャックがなくなったとしてもそこまで気になることはありませんでした。

イヤフォンジャックがなくなりLightningケーブルからのイヤフォンとなります。

それがいわゆる純正というものになります。

となれば今まで利用してたものはどうなるのでしょうか?

非常に残念ですが、今まで利用していたものは使えないということになります。

過去の遺産を完全に切った形になります。

非常に気に入っていたものを利用していた人にとってはかなり残念ですよね。

3.5Φのイヤフォンはどうなる?

それなら3.5Φのイヤフォンはどうなるのでしょうか?

もう使えないということなのでしょうか?

当然ながらブルートゥースというものが世の中にはあります。

それのレシーバーを購入すれば大丈夫なのです。

こういうものを購入することにより、今まで利用していたものを再度利用することが可能になります。

それにしてもブルートゥースがあるからそういうことが可能ということなだけで、実際にはイヤフォンがなくなるとかなり辛い思いをする人も多いと思います。

そういう人はこういうものを使ってとりあえず今までのイヤフォンを利用してみてください。

イヤフォンジャックは薄型になるために犠牲に

イヤフォンジャックをなくしたということは、薄型になるためには仕方ないことかもしれませんが、やはり音楽を聞く、もしくは通話をするという人には結構辛いと思います。

当然ながらブルートゥースを利用すれば、可能なのですが、また新しいものを購入する必要があります。

またブルートゥースというのは無線で飛ばすためどうしても劣化などが気になります。

劣化が気になる人にとってはイヤフォンジャックがあるほうが間違いなくいいのです。

音にこだわる人というのは、イヤフォンもかなり高額なものを持っている人がかなり多くいると思います。

そういう人にとって、このイヤフォンジャックがなくなるというのは悲報としかいいようがありません。

しかしながら一度外してしまうと残念ながらもう復活することはないでしょう。

iPhone7s iPhone8でも?

となるとiPhone7s、iPhone8でも当然ながらイヤフォンジャックがなくなります。

本当にこれはかなり寂しいことかと思います。

それと後防水の観点からもないほうがいいわけです。

防水にはできるだけ穴を塞いでおくほうが、いいのです。そういう観点からもイヤフォンジャックをなくしたのかもしれませんね。

次のiPhoneは防水機能も追加されるということで、そういうことも犠牲になっていると思います。

Androidではイヤフォンジャックがあっても防水を楽しめるものが多くありますが、iPhoneはなくすということにより、その機能を有するということをしたのですね。

初回投稿日:2016年7月26日