iPhoneはなぜ人気機種なのか 日本人特有の習慣 新機種に飛びつく人 見栄なの?

iPhoneは日本では非常に人気の高い機種であることはたいていの人が知っていると思います。

それではなぜiPhoneは日本ではここまで人気の高い機種なのでしょうか?

Androidもいっぱいある中で一社提供のiPhoneがなぜここまで人気になったのでしょう?

iPhoneに人気が集まる理由

iPhoneになぜ人気が集まるのかというのはいくつかの理由があります。

それは日本独特の習慣もあると思います。まずは日本人独特の習慣ということですが、実は日本は古来から仲間意識が非常に強い民族だと思います。

それがiPhoneを日本で流行らせる要因の一つにもなっているかと思いますがどうでしょう?

iPhoneをみんなが持ち出すとみんなが使っているからというなんとなくいいのかなぁ?なんて思う人がかなり多いのです。

その第一歩を踏み出してくれたのがソフトバンクなのです。ソフトバンクはiPhoneを必死に売ろうと発売当初は努力しました。

日本で唯一iPhoneを取り扱うキャリアとしてソフトバンクが出てきたのです。それに伴いソフトバンクへのMNPをする人がかなり増えたことも事実です。

ということは、iPhoneを日本で流行らせたのはソフトバンク?ということになります。

ある意味そんなソフトバンクはかなりすごい会社なのだと思います。

ソフトバンクはiPhoneの取扱が出来るようになり飛躍的に売上を伸ばしたということです。それではなぜソフトバンクのiPhoneはよく売れたのでしょう?

iPhone 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモau-300x67SB

実質0円戦略

当時は端末価格実質0円とかいう言い方が非常に流行った時代でした。端末価格が0円で持てるならと勘違いする人も多かったようですが・・・

2年に渡り割引を続ける代わりに2年間持つことを前提に端末価格を下げてきたのです。

端末価格が下がるということは当然ながらある意味伸びしろがかなりあるわけですね。それでiPhoneはソフトバンクを中心に飛躍的に伸ばしてきたといえます。

それは販売経路にも及びます。販売経路というのはいわゆる販売している店舗のことを指しますが、たとえばスーパーの出入り口でソフトバンクの勧誘をされた人もいませんか?ここ最近かなり減ってきましたが、そういうところで積極的な勧誘を行ってきました。

ドコモはまずそういうことはしておりません。

それと学生を使ったソフトバンクの勧誘です。学生にソフトバンクを紹介させるわけです。そして紹介料をその学生に渡すなどということをしておりました。

そのため紹介料がほしいという人はかなりがんばったとも言われております。

今ならソフトバンクオンラインショップも販売チャネルの一つとなっております。

このように色々な場所でソフトバンクを見せるということにより、販売数を増やしてきました。

iPhone 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモau-300x67SB

今利用している機種がベースに

今利用している端末がベースに次の機種を考えませんか?今利用している機種がiPhoneなら次もiPhoneにしようと思う人が多くなっていくわけです。

とりわけ世界的にも使われている人が多いiPhoneなので、当然ながら世界的にも注目を浴びる機種になっていくわけです。そう考えると間違いなくiPhoneの人気というのは加速度的に出てくるわけです。

そうこうしているうちにauからもiPhoneが発売され、ドコモからも発売されるという状態になってきました。

各社から発売されるようになるとソフトバンクとしても武器が他社にいってしまったということで、売上は若干他社に奪われたという形になるわけですが、MNPをあまり好まなかった人がこのタイミングで自社のiPhoneを利用するわけですね。

自社のiPhoneを利用するということは、それまたiPhoneの販売が加速的に伸びてくるということです。

結果的に日本では発売当時安く販売したことが主な理由ということでiPhoneが加速度的に増えていきました。

iPhone 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモau-300x67SB

iPhoneはメディアもかっこよく紹介

そしてiPhoneはメディア自身もかっこよく紹介するのです。iPhoneはスタイリッシュだとかiPhoneを持っている人は世界的に見ても金持ちが多いとかある意味いいイメージがiPhoneにはついています。

となれば世界的にも注目度がかなりあがるということは間違いありません。

そういうことからiPhoneはかなりかっこよく紹介されるようになりました。

そういうこともあって今では日本では売れ筋ランキングの上位を占める機種になったのです。

iPhoneが発売された当時は色や容量の区別も非常に少なくいわゆるラインナップというのはそれほど多くはありませんでした。

それが今ではそれなりのラインナップが増えて、カラーバリエーションもかなり選べるようになりました。

とはいうもののiPhoneという機種として見た場合機種はiPhoneとPlusモデルの2つしかないのです。

今はSEというものもあり実質3機種ですが、それでもiPhoneはその3機種でAndroid市場と戦っているのです。

ある意味すごいですよね。

今後もますますiPhoneが流行っていくことは間違いないでしょう。

iPhone 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモau-300x67SB

iPhoneは確かにいいもの

iPhoneを持っている人はやはりiPhoneはいいもの!というでしょう。

確かにわたしもiPhoneは非常にいいガジェットです。と答えます。とにかく周辺機器が多いということもいいという理由です。

後は手に入れやすいということやわからないことを人に聞きやすいということもあると思います。

とにかくiPhoneは確かにいいものです。ただしみんなが持っているからという理由で持ちたくないという人もいることは間違いありません。

みんなが持っているもの=いいものというわけではありません。

基本的にウィジットというものが非常に少ないiPhoneなので、Androidに慣れている人ならウィジットが少ないiPhoneは非常に不便だと思うかもしれません。

それでもとりあえずiPhoneは確かにいいものなのです。

iPhoneを一度使った人はAndroidを利用せずにずっとiPhoneを使い続けると思います。それはそれで悲しいのです。

AndroidにはAndroidのいいところがあるわけですね。そのあたりも理解したうえでiPhoneを利用してほしいと思います。

初回投稿日:2017年3月31日

iPhone

Posted by iphoneyoyaku