iPhone7 アイフォン7 Plus で発熱やノイズ 異音が発生する問題 不具合が発生中 ゲームをしている時?

iPhone7が発売されましたが、すでにiPhone7を手にしている人もかなり多いでしょう。

そんなiPhone7ですが、すでに若干ながら問題が発生しているようです。その問題というのは発熱問題です。

発熱問題というのは、たいていのスマホで経験する問題です。

発熱問題というのはなぜ起きるのでしょうか?

発熱問題が起きる原因

CPUに高負荷をかけることにより、CPUが発熱をするのです。発熱をしているということはCPUがいわゆる考えている状態ということです。

考えている状態なので、発熱を伴うわけです。特にゲームなどをやっている時にCPUは色々な計算を行うのです。

メールを打っている時やLINEをしている時に比べたら画面に色々なものを表示させたり、色々な動作をさせる必要があるので、負荷がかかるということは誰でもわかると思います。そういう時に発熱の問題というものが起きるのです。発熱の問題が起きるとどうなるのでしょうか?

基本的には発熱すると外気温に対して冷却を行うわけですが、今回は防水がiPhoneに採用されました。防水が採用されるということは、それだけ本体の内部が気密されるわけです。

本体が気密された状態でCPUが発熱すると冷却する熱を逃がすところがなくなります。となるとどうしても発熱するのです。少しくらいならすぐに冷却するわけですが、10分とか20分くらいゲームをしていると当然ながら発熱だけして冷却することができません。

冷却が出来ないということは当然ですが、そのまま熱がこもるという状態に陥るわけですね。

ノイズ発生のメカニズム

またiPhone7ではノイズも発生するといわれております。このノイズというのはなぜ発生するのでしょうか?

ノイズは電波干渉などが原因で通常はおきるといわれております。ジーーーーとかいうノイズです。

実際にそのようなノイズかはわかりませんが、一部の人はファンが回るような音が聞こえるなどという報告もあるようですね。

ファンが回るような音というのはブーーーーンというような音になるのでしょうか。

実際にどのような音がなっているのかわかりませんが、今までiPhoneを使っていた人がならなかったのに音がなるということで驚いている人もかなり多いと思います。

iPhoneは他のAndroidに比べて、不具合が少ないという認識が強い人が非常に多いです。特にOSからハードまで1社で供給しており、ある程度不具合に関しても潰して発売されていると予想している人もかなり多いのです。

それでも基本的には世の中にあるハードを組み合わせてiPhoneは出てきているのです。Android端末にも同様のモジュールが入っている可能性も十分にあるわけです。

となれば、同様の電子機器として捉えるのであれば、当然ながら電波干渉や発熱も考えられるわけです。

ちなみに私の持っているMacBookはいつも発熱しています・・・

それくらい発熱問題というのは電子機器を利用する場合仕方ないことなのです。

それでもiPhoneには期待したいところですよね。

発熱する要因はCPUを最高レベルで利用しないこと

iPhoneのCPUに負担をかけない方法というものもありますが、CPUに負荷をかけないということが非常に重要となります。

CPUの能力最大限で利用することで、どんどん発熱するでしょう。発熱することでこのようなノイズなどを発生させてしますのです。

そういうことにならないように発熱を抑えるような利用方法を検討する必要があるでしょう。