iPhoneの最新情報を掲載中 iPhoneの予約もこちらのサイトから受付中です。

iPhone予約

iPhone7/Plus

iPhone7 /Plus Pro iPhone6SE スペック 予約 在庫 仕様 発売日 ローズゴールドは?

更新日:

そろそろiPhone7の噂もかなり出てきました。

iPhone7はiPhone6sに比べてどのように進化するのでしょうか?

それではiPhone7のスペックを予想してみたいと思います。

iPhone7のスペックを予想

CPUはA10を採用する予定となっております。

A10というのはA9の後継となっており、A9に比べて約20%ほど性能が高いものです。

またこのA10に関してはデュアルコアとなっており、デュアルコアでありながらかなり性能の高いCPUになると予想されております。

デュアルコアで性能が高いというのは、Androidの世界ではあまり考えられないことですよね。Android機種なら最低でもクアッドコアを搭載されていることがほとんどです。

iPhoneはまだデュアルコアでも大丈夫ということです。そういう意味ではOSとセットでというところは本当にすごいところではないでしょうか。

RAMに関してもいろいろ噂されておりますが、実際にはiPhone7で採用されるRAMは2GBではないでしょうか。

iPadPro9.7も2GBです。そう考えると2GBであることが妥当なのかな?と思います。ちなみにiPhone6sも2GBです。

続いてROMですが、こちらは32GB〜になると予想されています。

ついにという感じでしょうか?

16GBでは容量がいっぱいになって使えないということも十分考えられましたが、32GB〜となればそれなりに使えると思われます。

カメラの画素数は1200万画素を想定しており、iPhone7Proの場合だとおそらくデュアルカメラを想定しております。

ついにiPhoneでもデュアルカメラが搭載ということになります。

各社から発売予定

当然ながら例年通り各社から発売される予定です。

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

ソフトバンクオンラインショップ

こちらの3社からの発売が開始されることは間違いないと思います。

今回も一番の人気はソフトバンクかと思います。ソフトバンクへの機種変更を行う人はかなり多いと思いますね。

今年もかなりの数の取り合いになると思います。発売日にGETしたいのであれば、こちらのオンラインショップは確実に使いたいところですね。

発売日は?

明確な発売日はまだ当然ながら出ておりませんが9月の中旬に発表を行い、9月の下旬に発売ということはいつものセオリーとなっております。

今年も例外なくその頃に発売されることはほぼ間違いないと思われます。

当然ながら発売日に手に入れようと思うと間違いなくオンラインショップでの予約もしくは店舗での予約が必須となります。

それでも発売日に送料無料で送ってくれるのであれば、間違いなくオンラインショップで購入するほうがお得です。

ローズゴールドの発売はある?

ローズゴールドの発売はiPhone7でも行われると思われます。

iPhone6sでは一番の人気色でどこの店舗にいってもローズゴールドはありませんでした。

そういう意味でもローズゴールド人気というのは今年もすごいと思われます。

やはり新しい色がほしいという人が多いのは間違いありません。しかしながらダークブルーなどという色も発売される予定なので、ひょっとするとそちらのほうに人気が集まるかもしれませんね。

20160731114227

こちらiPhone6sのローズゴールドの写真です。ローズゴールドはやはり綺麗ですね。今回iPhone6SEとして発売されるのであれば、こちらの色でしょう。

やはり女性を中心に人気はありそうな色であることは間違いありません。ローズゴールドは男性が持っていてもそれほどおかしくはありません。女性にかぎらず男性もこの機種を購入している人は非常に多いのです。

iPhone7はiPhone6SE?

iPhone7はiPhone6SEという名称になるかもしれません。実質的なiPhoneには変わりありませんが、iPhone7という名称で発売されるのは、2017年になる可能性が非常に高いのです。2017年というのはiPhoneが発売されてから10年がたちますが、それに合わせて大規模改修を行う予定のようです。

実際のところiPhoneというのは2年に1度新モデルになっておりましたが、今後は3年に1度新モデルに変わるという感じになるようです。

新モデルが発売されると日本中かなり湧くことは間違いありませんが、iPhone6SEという名称ならそれほどわく人はいないのではないでしょうか。かなり残念な感じもしますが、ある意味仕方ないでしょうね。

iPhone6SEという名称に変わったところで、中身は確実に進化しております。どのように進化していくのか見ていきましょう。

まずはCPUからですが、CPUはA10というCPUを採用します。このCPUはTSMCが製造を担当するといわれており、iPhone6sの時のようにSamsungとTSMCの2社が製造を担当するということはなさそうです。一社の独占でCPUを製造するといわれております。これもなかなかなかったことではないでしょうか。

iPhoneは基本的にメーカー部分もありますが、基本的に設計屋です。それをサプライアチェーンに作らせているわけですが、やはり購入するときの2社購買というのは基本です。それがこのCPUに関しては1社供給にしております。そのあたりはアップルらしくないのですが、Samsungが性能に見合わなかったという意見もあります。

SamsungのCPUも悪くはありませんが、iPhoneの性能をゆうするだけのCPUの製造ができなかったのでしょうか。

それでも基本的にはiPhoneに搭載される予定のCPUというのはデュアルCoreです。現在たいていのAndroid機種ではオクタコアもしくはクアッドコアと8つもしくは4つのCoreをもつCPUが大半です。デュアルCoreのCPUの機種というのは、ほとんどありませんよね。それでもやはりデュアルCoreにこだわっているのは本当になんでなんでしょうか?

製造コストが抑えられるということと、デュアルCoreのCPUでもOSが十分動作するということがあげられます。

やはり本体とソフトを同一メーカーが作っているという強みではないでしょうか。

その強みがあるので、iPhoneはそれなりに安価な製造コストで作られるのではないでしょうか。

続いてRAMですが、こちらは2GBが搭載されると思われます。iPadProなどではすでに4GBのRAMを搭載しておりますが、iPhoneに関してはまだ2GBで十分でしょう。

やはり画面サイズが小さいということもその原因の一つかと思います。画面サイズが小さいので、画面が小さい分iPadProに比べて解像度が低いです。解像度が低いということは、そこまでRAMの利用はなくても済むということなのかもしれませんね。

カメラに関しては、1200万画素という現行のiPhone6sに搭載されているカメラが採用される見込みです。

iPhone6sに搭載されているカメラというのは、かなり定評がありますが、ここ最近はSamsungなどもかなりいいカメラを採用しているので、正直なところそこまでのさがあるようにはかんじません。XPERIAシリーズもカメラにはかなりのちからを入れており、カメラはどこのものを選択してもそれなりに綺麗にとれるのではないでしょうか。

iPhone7 /Pro Plus 大きさ サイズ 容量 見た目 変化点 変更点は?

こちらにiPhone7のサイズなどを掲載しているページがあるので、こちらも合わせてご確認ください。

初回投稿日:2016年7月21日

オンラインショップ

ネットでスマホを購入できる時代になりました

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップはすべての契約で事務手数料、頭金が無料です。ショップで購入するよりも間違いなくお得なのです。

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

-iPhone7/Plus

Copyright© iPhone予約 , 2019 All Rights Reserved.